http://icmg.co.jp
Home ケーススタディ 強みや統合阻害要因の洗い出し 事例

事例:大手企業様

強みや統合阻害要因の洗い出し

背景

  • 統合対象としての条件を満たす企業と交渉段階まで辿り着いたので、当該企業の強みや弱みを正確に把握しておきたい。
  • 人材の流出など、統合を阻害する事象が起こるのではないかと懸念している。
  • 統合対象企業の役員・従業員が持つ価値観を把握し、スムーズな統合を行うために配慮すべき点を把握したい。
case_01

※画像は指で拡大できます。

取組課題

  • 知的資本の洗い出しによって、強みの基礎となっている資源、及び役員・従業員が重視する価値観などを把握する。

アプローチ方法

  • 依頼者の課題意識や懸念事項をヒアリング
  • (対象会社へ協力を依頼)
  • インタビュー項目の作成
  • 対象者へのインタビュー実施
  • 結果の数値化と分析
  • (依頼者へのフィードバック)

成果

  • 統合対象企業に求めていた強みとなる要素が確かに存在し、その根底には何があるのかを把握することができた
  • 従業員の離反を懸念していたが、むしろ統合について肯定的である方がほとんどだったことがわかり、統合失敗に対する不安が軽減された
  • 役員・従業員が重要視する事項や価値観を事前に把握できたため、統合後にどのようなところへ配慮すべきかをイメージすることができた
PAGE TOP