http://icmg.co.jp
Home ニュース一覧 知的資本経営(ICM)ケーススタディコンテスト2011 結果報告をアップしました。

知的資本経営(ICM)ケーススタディコンテスト2011 結果報告をアップしました。

知的資本経営(ICM)ケーススタディコンテスト2011

0615_main_img

(※2011年度開催風景より抜粋:左上 パネルディスカッションを務める北京大学国際MBA(BiMBA)院長の楊壮様
左下 真剣な眼差しで他チームのプレゼンテーションを聞くMBA学生
右上 聴衆を前に堂々と企業分析を発表するMBA学生 右下 学生の発表を真剣に聞く審査員)

知的資本経営(ICM)ケーススタディコンテストとは

急速な経済成長を果たしてきた中国経済は、量的拡大から質的な変革が求められてくるステージを迎えつつあると考えられ、経営変革を通じて企業の持続的成長を図っていくための「実践知」がより求められつつあります。 この問題意識に基づいて、中華人民共和国 教育部 教育管理信息中心と株式会社ICMGは、中国国内商学院(MBA)各校と連携し、経営人材教育の充実を図るとともに、各種研修セミナーの実施や資格制度の創設を推進しており、本企画は、中国国内における知的資本経営のケース分析の論文を募集し、「知的資本経営ケーススタディコンテスト」を実施するものです。
これは、教育部が選定する中国トップ大学の商学院(MBA)から、事例研究を元にした論文を募集し、厳正なる審査のうえで、競技方式にて奨学金を授与するプログラムとなっています。
本コンテストは、中国国内の企業変革事例を集めるのと同時に、先進的な経営事例を通じて、次世代の経営技術・ノウハウを明らかにし、次の経営実践に活かしていくことを狙いとし、集められた論文は、中国国内の経営人材教育の政策検討のための材料とします。
中国の現状と今後の経営のあるべき姿の洞察の上で、皆さまの経営知識・業務知識を活かした論文の作成をお願い致します。

主催挨拶

0615_img01

教育部教育管理情報センターの代表として、本コンテストに参加戴いた各大学の先生、学生並びに企業の代表の皆様の、知識経営論文コンテストへの厚いご支持に感謝申し上げます。 中国において、日本企業が人的資本を重視する姿勢は、高く評価されています。企業の経営層が従業員の将来のキャリアプランに注力することで、会社により多くの付加価値を生むことにつながります。また、企業自身だけでなく、社会にもよい循環を形成することになります。
現在、多くの中国企業において、従業員は企業にとって最も価値が大きい資産とはみなされていないように思われます。そのため、多くの会社は長期の人材開発戦略をとっていません。例えば、企業のミッションとビジョンを従業員にも重要な内容とは考えず、伝えていません。それゆえ中国企業の離職率はとても高く、平均勤続年数は2年間程度です。その結果、従業員の教育訓練費用が嵩み、従業員は専門的な知識を養うことも難しくなります。
我々は、大学教育の段階で知的資本の重要性を強調することが、状況を改善することに役立つことを信じています。以上に基づいて、教育部教育管理情報センターと株式会社ICMGは協力し、北京大学中国経済研究センター、清華大学経済管理学院、中国人民大学商学院および長江商業学院で知的資本経営のセミナーを開き、各大学の商学院を巻き込んで知的資本経営コンテストを行っています。
本コンテストは前述の4校から大きな支持を得ており、各校は代表チームを組んでコンテストに参加しています。各代表チームは積極的に知的資本経営理念を学んでいます。インターンやインタビューを通じ、企業を分析・研究し、論文を書きました。今、私達はあなた達の素晴らしいプレゼンテーションに大いに期待を寄せています。
また、協賛企業の皆様におかれましては、学生にインターンとインタビューの機会を提供して頂き、誠にありがとうございます。
最後に、ICMGは日本式コンサルティングの専門家として、次世代の経営について素晴らしい手法と能力を持っておられます。ICMGは新しい概念である知識資本経営を中国の学生に教示いただいており、私達は深く感謝しております。 今回のコンテストが成功裏に終わる事を祈っております。来年度はより多くの学校や企業を対象としたコンテストと出来るよう願っております。
本コンテストへの皆様の引き続きのご支援、ご参加を何卒宜しくお願い致します。

第1位

0615_no01_img
0615_no01
チーム 清華大学IMBA
0615_member
Janice Chiao 焦子頤
(Citibank Taiwan)
Michael Jiang 蔣嘵輝
(COFCO Group)
Wy-En Yap 叶威延
(Monetary Authority of Singapore)
0615_comment
"我々のチームは合計4日間を企業の合肥製造プラントと上海営業所で過した。トップ経営者とお会いする機会を戴き、建設機器業界ならびにそこにおける同社のKSFについて本当に多くのことを学ばせて戴いた。外資のメーカーが如何にして中国市場参入を果たすかについて、直接的に情報を入手することで、非常に有益な経験となった。また、知的資本経営の理念及びそれの重要性についても深く理解するに至った。ICMG社が同様のコンテストを来年度も開催するのであれば、私達は学生に対して絶対に参加すべきと奨励する。"

第2位

0615_no02_img
0615_no01
チーム 北京大学BiMBA
0615_member
Dave Q. Griesinger 戴星
(HSBC Switzerland)
Ian Reihowe CHAN
(HSBC Singapore)
Gracia Catalina Piñero
(Telecom Asia)
Peter Pan
(Siemens Beijing)
0615_comment
"我々は北京大学を代表して、分析対象企業の上海本社に3日間通わせて戴き、同社の中国事業戦略やオペレーションなどを学ばせて戴いた。訪問期間中は、大変多くの同社幹部人材に会うことができ、ICMGの開発した定量的・定性的分析手法を活用して、彼らの潜在ニーズを体系的に分析した。その結果、同社のニーズや全体戦略に沿った適用可能且つ現実的な提案を行うに至った。企業との連携(インターンシップ)を通じて、新興市場における知財管理の重要性を強烈に学ぶことが出来た。また、業界の内部に精通した方々との数々のディスカッションのお陰で、中国市場の複雑さと外資系企業が中国本土でビジネスを展開する際の課題についても理解することが出来た。全般を通して、我々の経験は内容の濃いものであり、知的資本理念の理解・習得と外資系企業の中国進出という二つの点において極めて満足のゆくものであった。我々は当プログラムに参加させてくれたBiMBA及び、継続的に支援を行ってくれたICMG、そしてこの貴重な経験を与えてくれた企業に深く御礼を申し上げる。"

第3位

0615_no03_img
0615_no01
チーム 人民大学IMBA
0615_member
Julie Tang 唐莉
(Sichuan Machinery)
Anita Tang Ing Ing
(Marcus Evans Sdn Bhd)
Lysa Wang 王欣璇
(Emory University Biology (USA))
An Hongwei 安紅偉
(Henan Institute of Science and Technology Information)
0615_comment
"分析対象企業の部長との話を通じて、日系企業の文化というものを沢山学ばせて戴いた。
特に、日系企業の文化が、どのように従業員に帰属意識を生み出し、長期間一つの会社に留まる熱意や意欲をもたらしているのか、どのように会社と従業員双方がお互いに投資をし利益を獲得しているのか、また、それら双方向の投資がどのように企業の持続的発展の実現に寄与しているか、これらの点が非常に興味深かった。"

第3位

0615_no032_img
0615_no01
チーム 長江商学院MBA
0615_member
BenJamin Lu 盧根
(New Oriental Education and Technology Group)
Cindy Mi 米雯娟
(ABC Education Group)
Hong Chen 陳宏
(P&G, R&D)
0615_comment
"知的資本経営手法を用いた企業分析は、企業の実態をより正確に把握することが出来るため、大変に良い。我々や企業を取り巻く環境は、しばしば万華鏡のようにイリュージョンばかりを見せてくる。知的資本分析に基づき、企業の真の価値に焦点を絞れば、その気が本当に持続的成長を遂げているか見えてくる。また、チームによる分析力は個人の力量をはるかに凌駕するという点も、大変勉強になった。"
PAGE TOP