http://icmg.co.jp
Home インフォメーション
FIRCとのMOU(覚書)締結についてのお知らせ

FIRCとのMOU(覚書)締結についてのお知らせ

~シンガポールにおける官民連携のフードイノベーションプラットフォームの確立~

 

FIRC_photo
 

 株式会社ICMGのシンガポール法人であるICMG PTE. LTD.とシンガポール政府系機関であるFood Innovation & Resource Centre (FIRC)※は、2017年10月24日に、FIRC創立10周年記念イベントにおいて、食品に関する革新的プラットフォームを確立するためのMOU(覚書)に署名いたしましたのでお知らせいたします。
 
※Food Innovation & Resource Centre (FIRC)
ASEAN/ASIAを代表する食品領域における政府系イノベーションセンター。シンガポール工科大学とSPRING(Standards, Productivity, and Innovation Board)シンガポール(規格・生産性・革新庁)の主導により2007年に設立。食品関連の新商品開発・テスト生産・コンシューマーテスト等をワンストップで支援可能で、政府機関、食品会社、教育機関が食品製造業を強化するためのパートナーシップの構築の重要な役割を担っています。
 
1.目的
 シンガポールの食品産業の革新と成長を支援してきたFIRCと、国内外のソリューション開発や事業開発ネットワークに強みを持つ当社は、シンガポールと日本企業の食品科学技術分野における協力を促進し、新しいビジネスモデルを創出する為のプラットフォームを設立することを目的としています。
 日本企業にとっては、シンガポールの潜在力を最大限に活用したフードビジネスの創出・加速が可能となります。また、シンガポール・アジアの各ローカル事業者・研究機関などとも繋がり、顧客・パートナー開発も可能となります。
 
2.内容
 本プラットフォームでは、アイデアや知識を共有し、ビジネスモデルを構築し、商品・サービス開発、顧客開発(価値検証)、大量生産方法の確立に至るまでの一連のイノベーションを促進することが可能となります。
 今回のMOU締結に基づき、FIRC・ICMGが協働してジャパンイノベーションプログラム(年4回)を開催すると共に、一連のイノベーション活動を促進するプログラム企画・運営を官民連携のもと継続的に行っていきます。
 
 プラットフォームメンバーは、グリコ、マルコメ、クラレ、東洋製罐ホールディング、NCCから始め、オープンに広めていき、プラットフォームメンバー間のコミュニティ、外部コミュニティとの連結も加速していきます。
(NCCは、FIRC内にキャッピングマシーンを設置し、アジアの顧客に活用してもらう体制も整備中です)
 
FIRC_logo
 
 
本件に関するお問い合わせ
ICMG PTE. LTD.(シンガポール)/ http://icmg.co.jp/SG/
担当:辻(つじ) / メールアドレス:tsuji@icmg.co.jp

PAGE TOP