http://icmg.co.jp
Home サービス M&A アライアンス

アライアンスカンパニー

M&Aアドバイザリーとコンサルティング

M&Aを希望する企業の最終目標は、M&A実行そのものではなく、M&A後の持続的な成長です。また、コンサルティングを希望されるお客様によっては、M&Aによる外部リソース獲得が必要となります。
一方で、「M&Aアドバイザリー」を行う会社はM&A実行に特化し、また「再編コンサルティング」を行う会社はコンサルティング業務に特化することが通常です。その為、一般的なM&Aアドバイザリー会社やコンサルティング会社では、M&A実行とコンサルティングの要望を同時に満たすことは難しいのが実態です。
当社のアライアンス事業部は、①M&Aアドバイザリー、及び②再編コンサルティングを同時に提供する『ハイブリッド型M&Aサービス』を実現し、企業のM&A実行後の持続的な成長を支援しています。

1-3-1

※画像は指で拡大できます。

OUR VALUE

  • check_icon

    M&A候補先の探索から、対象企業へのアプローチ、ディールに向けた交渉まで、M&A業界で経験を積んだプロフェッショナルが一気通貫でサポートします。

  • check_icon

    各業界に知見をもつ経験豊富なコンサルタントが業界の課題をとらえ、企業の枠組みを超えて業界全体の再編をサポートします。

  • check_icon

    知的資本デューデリジェンスにより、財務面・事業面だけでなく提携先の知的資本を評価することで、統合後のシナジー効果を最大化します。

  • ma_arrow_01
  • 貴社の知的資本を活かし、他企業とのM&Aを通じた成長戦略の立案

  • ma_arrow_01
  • 自社とのシナジー効果仮説の構築

  • シナジー効果を生むM&A候補先のリストアップ、スクリーニング

  • ma_arrow_01
  • M&A候補先へアプローチ(新規のコルドコール、継続的なフォローアップなど)

  • ma_arrow_04
  • M&A候補先の「知的資本」を可視化し、シナジー効果の見極め

  • 互いの強みに立脚したシナジー効果獲得に向けたディール実行支援

  • ma_arrow_05
  • 統合後のシナジー効果を確実に獲得するための統合プロジェクト管理支援(PMO的役割)

コンサルタント紹介

  • ito_photo

    カンパニー長 伊藤 智司

    東京大学農学部卒。アクセンチュアを経て現職。主に製造業を中心とした営業戦略策定、人員適正化施策策定、全社課題抽出、経営統合支援のプロジェクトなどに従事。現在、製造業、小売業等の業務提携構想策定、提携シナジー創出支援などのコンサルティングに携わる一方、大手小売企業の売却/買収案件などM&A関連のビジネスを担当。

  • シニアマネジャー 高田 計

    リクルートで通信インフラ構築監理を担当。その後不動産業で商業施設再開発などを手掛け独立し中小企業の営業、マーケティング戦略支援に従事。日本MAソリューションで不動産、小売流通、医療介護、飲食関連のM&Aを手掛けた後、現職。商業ビル再開発、介護事業、流通小売業のM&A等の実績有。

    マネジャー 小林 昭文

    早稲田大学教育学部英語英文学科卒(社会保険労務士)。現モルガン・スタンレーUFJ三菱証券など証券業界に7年間のニューヨーク勤務を含む20年以上在籍し、
人事・総務・財務・経理・企業調査などに従事。また、米系資産運用会社アライアンス・バーンスタインではアジア企業全般の調査に携わる。現在、不動産管理関連事業・新規事業のM&A、アライアンスを手掛ける。

事例紹介

SERVICE MENU