http://icmg.co.jp
Home サービスコンサルティング 企業発の新事業開発・イノベーション創出

企業発の新事業開発・イノベーション創出

 

pdf_icon 本ページの内容がPDFでダウンロードできます

  • check_icon

    内発的イノベーション:
    自社の強みと外部の潜在ニーズを融合し、新事業を継続的に生み出す

  • check_icon

    行動のイノベーション:
    事業開発の能力とスピード感を社内人材に定着させる

  • check_icon

    新しい関係からのイノベーション:
    新たな顧客・市場・パートナーとの接点の中から事業構想を作り実現する

  • check_icon

    イノベーションエコシステム創り:上記の動き方を定着させる仕組み創り

企業発の新事業を成功させる鍵は、事業を生み出し成功に導く行動モデルを定着させることです。そのためには、自社が最も力を発揮できる強み、パートナーや顧客に対して、誰よりも高い価値を提供できる強みが何かを正しく理解する必要があります。このような強みは社内に散在し、人の頭の中にだけあるもの。それを社内の対話で見出し、正しく定義することが第一歩となります。そして、潜在顧客やパートナーにその価値を問い、自社の新事業のコアを発見することが重要です。

ICMGは、社内で蓄積されている事業資産・技術・強みを見出し、市場のニーズに照らして、競争力のあるコアとして正しく定義するための支援を行います。自社のコアを発見することで、新事業開発のビジョンがより明確になります。

新事業成功の中心は人にあり、新事業にチャレンジする人材には既存事業と全く異なる行動特性を確立する必要があります。机にかじりつき事業計画をまとめることでなく、社内・社外との対話を進め新たな気づきを発見する動き、自ら新たな業界や知識ネットワークに飛び込みインサイダーとなる動き、見出した気づきを自社の強みと融合し持続的な成長と儲けをもたらす事業モデルをデザインする思考力、実現に向けて社内・社外を説得し動かしていく行動力。このような行動を伴う能力を人や組織に根付かせていくことが成功の鍵となります。

ICMGのイノベーション支援は、社内事業の実践者自身がこれらの行動にチャレンジし、行動を通じて成功を掴んでいく過程をきめ細かく支援します。必要な行動誘発を起こす豊富なトレーニングプログラムと共に、コンサルタントが事業開発テーマに共に向き合い、伴走者としてハンズオンで実現するまで支援し、自社の人材の行動変革を定着させます。

新事業の創造は、外部と新たな関係を築いていく過程で生まれることが多く、社内での凝り固まった議論や知識収集を越えて、新たな顧客やパートナーとの対話や提案を仕掛けていくことで、ブレークスルーが生み出されます。

ICMGは新しい外部との関係づくりをプログラムの中心に置きます。ベンチャー企業、最先端の知見者、潜在パートナー、新規顧客、顧客経営層等との討議、提案、協業を事業作りのプロセスのコアとして取込み、リアルな事業作りを支援します。

継続的な事業イノベーションの創出は、レディーメードの新事業創生等の仕組みや組織を導入するだけでは成功しません。自社の強みを発見し活かす、人の行動変革、新たな関係の中での創造の3つが有機的に動く仕掛けを企業固有の文化や癖に合わせて構築することが必要となります。

ICMGは上記の行動変革プログラムを実践的に回しながら、各企業に最も適合する継続的な事業創出の仕組みのづくりを同時並行で支援します。

con_10

※画像は指で拡大できます。

con_11

※画像は指で拡大できます。

サービス概要

  • 社内に埋もれている事業機会の抽出(内部視点での事業機会の見出し)
  • 事業モデルのプロトタイプ化と外部関係者との実証サイクル(事業モデルの研鑽)
  • 事業モデル(仮説)のリアル化(擬似的な事業参入による学習・経験値の増大)

対象となる経営課題

  • check_icon

    アイディア不足、部署間の連携不足、人的リソース不足、サービス・商品開発のスキル・経験不足など社内における課題(社内事情に起因する課題)

  • check_icon

    顧客ニーズ、消費行動の理解、市場・業界からのイメージ、販路・パートナーの開拓など社外における課題(外部視点での自己認識不足の課題)

  • check_icon

    コンセプトデザイン、提供価値などのサービス・商品の根幹をなす事業デザインに関する十分な検討の不足等の課題(事業開発における課題)

  • ◆ 適用シーン
  • 新規事業開発、事業戦略策定等

期待される成果

内部の知を掘り起し、融合させる中で自社の強み・提供価値を明確化。その上で、事業のコンセプトデザイン、価値プロトタイプをつくりあげ、外部の知を踏まえ、事業モデルのプロトタイプを修練させるサイクルを繰り返す。これにより、実効性が高く、「らしさ」を活かした事業ビジネスモデルが構築できる。

サービスの流れ

  1. スクリーニング
    • 社内外の担当者へのヒアリングに基づく、事業化ポイントの抽出
    • 事業化に向けたあるべきゴール・活動方針の策定
  2. 個別案件ごとのインキュベーション実践
    • 定例ミーティングをベースとした社内外へのフィールドワークの推進
    • 経験豊富なシニアコンサルタントによる各チーム状況に応じたコーチング。これにより内容のレベルアップと前進を担保(プロフェッショナル・コーチング)
    • 日々の課題に対するモチベーション維持・課題解決をハンズオンでサポート
    • チームの検討内容・状態について、定期的に経営層と共有し、適宜、検討の方向性を修正する (ステアリング・コミティーの開催)
  3. 「らしい」新事業創出のモデル、プロセス・仕組みのプロトタイプ構築
    • 事業化検討を通して、顧客企業「らしい」新事業創造モデルの仮説の構築・検証
    • 実践で直面する制度・仕組み上の課題を特定しつつ、各企業に適合したプロセス・仕組み(案件評価基準、投資ルール、管理会計、組織間連携など)の抽出・取りまとめ

con_12_2

※画像は指で拡大できます。

ICMGの提供する価値

  • コンセプトの連結と、実証・フィールドワークを進めていく「場」の提供
    • コンセプト開発と発信の起点となる8の字の中心点となる場の提供
    • 創造的なコンセプトの創出の場の提供
    • エネルギー(走り続ける動機)注入の場の提供
  • 既存顧客・既存市場を超えるフィールドワーク(外部からの気づき)
    • 0次情報へのアクセス:対話を通じた潜在顧客・市場の生態を観察・気づき
  • 社内の知へのアクセス・蓄積
    • 社内の関係者・知恵者との対話から、埋もれている資産・技術、各分野の知識、事業に向けた道のり等の形式知および暗黙知へのアクセス・蓄積
  • ◆ 実績
  • 総合電機メーカーの国際営業戦略部門におけるエリア単位の事業戦略の構築支援
  • 大手素材系企業の技術活用による総合事業提案策定・提案の実行支援
  • 大手ノンバンクでの領域別新事業開発の支援
  • 大手通信機器メーカーにおける「通信技術を複合した事業創造」の実践とプロセスプロトタイピングの支援  等
PAGE TOP