http://icmg.co.jp
Home サービスコンサルティング 経営と業務・ITの融合 (in collaboration with M&IT※)

経営と業務・ITの融合 (in collaboration with M&IT※)

  • check_icon

    リーン・インテグレーション:経営の全体最適実現のための人・組織・プロセスの統合

  • check_icon

    経営視点での業務・ITの可視化:業務・ITを、経営を主軸にコントロール可能化

  • check_icon

    コアプロセスの再現可能化:自社の業務・プロセスの再定義と再現可能化

高効率な事業運営の実現の鍵は、統一された目的に向けた機能間の健全な連携にあります。多くの企業は、開発・製造・営業など個別機能で組織をくくり、予算や人・コミュニケーションの壁をつくります。これらの壁は顧客価値、品質、コスト、リードタイムといった経営目的を分断し、部分最適を生み出します。
真にリーンな経営を行うポイントは、機能を越えた経営目的の共有と、人・組織レベルでのコンフリクトを恐れないすり合わせにあります。この実現には、プロセスやシステムといった改革だけでなく、企業のバリューチェーン全体にわたる目的・責任・権限の共有と、大きな目的に向けて機能を越えた人の連携を作り出して行くことが重要となります。
ICMGは事業バリューチェーン全体を横断した視点で、価値向上、効率向上、品質向上の機会・課題を定量・定性両面で可視化。その上で、全体最適を目指した目的・権限・責任の共有から人材連携の場のプロデュースまで、ハード・ソフト両面での真のバリューチェーン連結の実現を支援します。

業務やITは大規模化や多階層化にともない常に複雑化に向かっていきます。そして当初の経営目的や経営者の視点から遠ざかりブラックボックス化します。その結果、業務やITのコストが目的や戦略が不明確なまま拡大を続け、コントロール不可能な状態となっていることも少なくありません。
ICMGは業務やITのリアルな実態をBPM(Business Process Management)の共通言語を基に、経営・事業・業務の視点で評価できる形に可視化します。その上で真に解くべき課題の解決を経営から現場まで一貫して推進することを可能にします。

海外進出や業容拡大のシーンにおいて、多くの企業は自社の事業のコアプロセスを他国や他領域で再現することが容易でないことに気付きます。それは、多くの企業が自らのコアプロセスを暗黙的、属人的な要素に依存しており、「プロセス知財」として保有できていないところに原因があります。今後、人材の高齢退職、海外進出、業態変換など、事業の継続性や再現性を求められるシーンは拡大していきます。自社の業務プロセスやITを定義し直し、形式知として再現できるようになることは今後の経営において極めて重要となります。
ICMGは各分野の業務・ITのエキスパートによる最適なチームを組成するとともに、企業のコアプロセスを共通言語(BPM)により形式知・再現可能化する支援を行います。それにより企業のDNAを人や世代・地域を越えて継承可能にする形を目指します。

経営と業務・ITの有機的連動

icmg_graphic2_54

※画像は指で拡大できます。

サービス概要

  • リーン・インテグレーション:(診断・変革支援・実行支援)
    経営目的の達成を軸に、各企業のValue Chainを横串に、現状の業務運営体制(組織・KPI管理・部門間コミュニケーションの現状など)をインデプスインタビューおよびBPMの手法を使い独自のクライテリアで診断、「解くべき」課題と改革の道筋を明らかにします。
  • 経営視点での業務・ITの可視化:(評価・変革プラン・実行支援)
    複雑化・ブラックボックス化している業務とITの現状をBPMの手法を使って可視化、経営陣とのリアルなディスカッションを通じて評価し、経営・業務プロセス・ITの3つの側面から変革の方向性を提示します。
  • コアプロセスの再定義と再現可能化:(可視化・再構築・ナレッジ化・横展開)
    各企業の成長の源泉となっているコアプロセスをBPMの手法を使って可視化し、同時に可視化・言語化しにくい暗黙知をインデプスインタビューを使って引き出していきます(「自社の強みの探求」)。こうして得られた調査結果を元に、キーメンバーとのディスカッションを通じ、コアプロセスの本質を明らかにし、強化・再現可能なプロセスとして再定義します。

サービスの流れ

  • リーン・インテグレーション
    • トップマネジメント・インタビュー(経営のコア=目的の確認)
    • 各バリューチェーン・マネジメントインタビュー(マネジメントプロセス中心の現状調査)
    • 業務プロセス調査と可視化(業務中心:必要に応じて実施)
    • キーマンワークショップ(3~5回)による課題定義と解決の方向性の導出
      (ご要望に応じて、以下のプロセスに移行します)
    • 具体的な課題解決支援
    • 新ガバナンス体制構築の支援 など
  • 経営視点でのIT・業務の可視化
    • トップマネジメント・インタビュー(経営のコア=目的の確認)
    • 業務プロセス調査設計と実施
    • BPMによる可視化と定量化
    • キーパーソンワークショップによる課題定義と解決の方向性の導出
    • トップマネジメントとの現状と解くべき課題シェア・優先順位付け
      (ご要望に応じて、以下のプロセスに移行します)
    • 課題解決型・プロセス整流化支援
    • システム更新基本構想立案支援 など
  • コアプロセスの再定義と再現可能化
    • 業務プロセス調査設計と実施
    • BPMによる可視化と定量化
    • キーパーソンインタビューによる暗黙知の表出
    • キーパーソンワークショップを通じたコアプロセスの特定
    • 再定義したコアプロセスのナレッジ化(形式知化)
      (ご要望に応じて、以下のプロセスに移行します)
    • コアプロセス横展開支援
    • 海外市場などGo-To-Market戦略の再構築 など
  • こんな課題を解決します

    • check_icon

      機能部門や事業部単位の部分最適ばかりが進んで、企業としての全体最適が実現できていない

    • check_icon

      タコツボ化している業務運営にクサビを打ち込みたい

    • check_icon

      自社のIT環境が複雑化し、全体像が見えない。メスを入れなければならないことはわかっているが、どこから手をつけるべきか判断できない

    • check_icon

      新たな経営の目的を打ち出し、変革を進めていこうとしているが、ITや業務プロセスに依拠した抵抗勢力が存在する

    • check_icon

      自社の強みを使って、事業成長や海外展開を進めていきたいが、実は本当に重要なコアプロセスがどのようなものなのか、誰も説明できない

    • check_icon

      支店・店舗など同一の業務内容にも関わらず、パフォーマンスに大きな違いが生まれている。その要因を明らかにすることで、全体のパフォーマンス向上につなげたい

    期待される成果

    • 「目的」軸での企業ガバナンスの仕組みの実現
    • 業務の可視化を通じた「経営・業務・IT」の複眼思考による経営課題の明確化と共有
    • 業務プロセスの観点からみた「自社の強み」の再定義と再現可能化
    • 階層縦断・組織縦断的に「知」を引出し、統合するファシリテーションプロセス
    • わかりやすく、汎用性の高いツール
    • 多様な経験・バックグラウンドを持つコンサルタントプールから、最適なナレッジを統合し、チームを組成

    ※M&IT株式会社

    経営とITの連動する仕組みと組織の実現を支援するプロフェッショナル・グループとして、2014年に村井勝(元日本コンパック会長)らを中心に設立されました
    実践経験の豊富な業務建築士をネットワークとして組織化し、テーマ・領域・業界・業態等にあわせて最適なプロジェクトメンバーを組成します。顧客主導のアプローチを特徴とし、自走可能な組織能力強化のための研修プログラムなども提供しています。

PAGE TOP